*

気がつけばもうすぐ車検。考えないようにしていたけど、どう考えてもお金が足りない!

当サイトでは、車検を直前に控えてるけどもお金が用意出来ない人のために、どうやれば乗り切ることができるのか?

そして、車検のローンを考えているけども不安・・・

という悩みを解決するために5つの対処方法を掲載しています。

  • 車検が苦しい・・・
  • 車検が近いけどお金がない・・・
  • 車検にクレジットカードは使えるの?
  • 車検のローンって大丈夫なの?

などなど、不安はあるかと思います。ですが、車検には期限がありますので、今すぐに対処方法を決める必要があります。

ぜひ当サイトの情報を参考にしてください。

車検でお金が無いときに考える5つの対処方法

それでは、さっそく、どういった方法があるのか紹介します。

1点注意なのですが車検を受けずに乗り続けることは、法律的に許されないことです。

車検を受けずに乗り続けることは、「無車検車運行」に該当し、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金です。

さらに、点数は6点減点され、90日間の免停処分となります。くれぐれも法的に許され、安全な方法で対処するようにしてください。

当サイトで紹介する対処方法は5つです。自分の状況を考えて、最適な手段を選びましょう。

1.ネットから安い車検業者を探してみる!

車検費用を安くするために考えるポイントは「どこで車検を受けるか」という点です。

ここでの考え方は「車検」と「整備」は別物だということです。

車を安全に利用するためには日々の整備がポイントになりますが、車検はあくまで法定整備であり、その時点で定められた規格に合格しているかどうかチェックしているだけです。

そのため、どこで受けても品質に大きく差はありません。

そう考えると、車検を受けるお金がない人はどれだけ安く車検を受けることができるか?だけ考えて車検の業者を選ぶことが重要です。

車検を受けるにはディーラーや有名な店舗など検討していると思いますが、安く受けるためにはネットで探す方法が一番です。

参考に、ネットで車検を受ける業者を探すには「グー車検」がおすすめです。

2.車検代金をクレジットカードで支払う

もし、車検の費用が払えない、だけどクレジットカードの枠にはまだ余裕がある!

というのであれば、クレジットカードで車検の費用を分割払いで支払うことが一番簡単な解決方法です。

ただし、注意しなければいけないのはクレジットカードを利用出来ない業者があること。また、事前に見積をしてくれる業者でないと、クレジットカードの枠が足りないという事態になることも・・・

クレジットカードが使えるかどうかは事前に問い合わせをすれば簡単にわかりますので、車検前に絶対に確認するようにしましょう。しかし、これだけではクレジットカードの枠が足りるのか?ということが事前にわかりません。

そのため、事前にクレジットカードの枠に余裕を持たせる必要があります。

また、事前に見積をしてくれる業者であっても、追加でいくら費用が必要になるかは車を引き取って整備するまではわかりません。

車検費用ギリギリの10万円だけ用意するというのは避けたほうが無難です。

3.車検切れで放置し、お金が貯まってから車検を受ける

車検が切れた車を公道で運転することは法律違反ですが、駐車場に放置しているだけでは法律的にもまったく問題ありません。

ただ、いざ車検費用を貯めて車検を受ける時には、車検切れのため公道を運転できません。

そのため、車検を受ける時に車を引き取るために、レッカーを業者に依頼する必要がありますが車検費用に数万円上乗せされることが一般的です。

また、一時的に公道を走るためにナンバーを自治体からもらう方法がありますが、自治体によって方法が異なり手続きが難しいことがデメリットとなります。

期限を先延ばしに出来る以外には、まったくメリットがないことを覚えておいてください。

4.一旦、車を売却するという選択肢も・・・!

 

車検を受けるお金がない、正直、車を維持していくのは苦しい・・・

ですが、それもそのはずです。

自動車であれば車検費用は安くて8万円、中古で購入した車であれば15万~25万の費用が必要です。

また、年間の維持費では約50万円も必要になります。

自動車は、誰でも持っているように見えますが、節約志向の人は車を持たない選択が一般的になってきています。レジャーや大きな買い物などの必要な時だけ、車を借りるというライフスタイルも素敵です。

車を持たないという選択をするだけで年間で50万。そして、月々では4万円もお金が浮くのが現状です。

今、車検が苦しいというのであれば、それは生活費を見直す良いタイミングとも言えます。

車を手放すだけで、かなり生活が楽になりますのでお住いの地域や、商売の都合などで絶対に必要というわけでなければ選択肢として考えてみてください。

なお、車を売却するのであれば高く売るための努力は絶対に必要です。スズメの涙程度の金額で売っては意味がありませんから・・・

車の売却を考えるのであれば、まずは、どれくらいの金額で売れるのか確認してください。そして高く売るという目的のためにはかんたん車査定ガイドがおすすめです。

5.車検のためにローンを借りて資金を調達する

お金がなくて車検の費用はすぐに用意出来ない。だけど、車を絶対に手放したくない。そういった状況では、車検のためにローンを利用することが選択に上がります。

しっかり探せば車検のローンを取り扱っている業者もいくつかります。ただし、取扱している業者が少なく、お住いの地域にめぼしい業者ないことも考えられます。

そのため、車検のローンでおすすめなのが、プロミスなどの消費者金融です。

全国展開している消費者金融であれば、24時間受け付けしていてスマホでも申し込みができることがメリットです。

クレジットカードなどは申込みしてから手元に届くまでに2週間ほど時間がかかってしまいますが、今すぐ車検の費用をどうにしかないといけないという人にとって、かなり助かります。

また、消費者金融といえば、以前はブラックな印象でしたが、近年ではテレビCMなどで知名度があがっているので活用している人も多いではないでしょうか?

現時点ではお金がないけども、車検を終えることができれば月々の返済も問題ないというのであれば、かなり現実的な選択肢が消費者金融です。

ご利用は計画的に!というフレーズが有名ですが、まさにその通りです。

まとめ

当サイトでは、車検が近いけどお金がないという状況の人のために、ネットを活用して車検費用を安く抑える、車検を一旦あきらめる、お金を借りる(クレジットカード、車検のローン)といった方法を紹介しました。

 

生活や仕事にどうしても車が必要な場合は、クレジットカードが使える業者を探すことが一番簡単な方法です。

または、車検のローンを組むことで今年の車検は乗り切ることが出来るでしょう。

ただ、車検が苦しい。そうお考えであれば生活を見直す機会として考え、車を手放す選択があることを忘れてはいけません。

年間50万円という費用をかける価値が車にはあるのか?

ぜひ、ご自分の生活を見直してみてください。

お金が無い。クレジットカードも、消費者金融も枠がいっぱい。さらに、すでにブラックでこれ以上借りることが出来ない。

そういった状況であれば、残念ながら車を持つには少し、厳しいです。まずは生活を楽にすることを考えて、車を売ることをお考えください。

Copyright© 【車検】お金ないけどローンや分割なら!!5つの対処方法と最終手段 , 2017 AllRights Reserved.